アイドル教室とはベンチャー企業である!〜序章〜


今日から、7/14まで(予定)

活字エンターテイメント<アイドル教室とはベンチャー企業である!>をお届けします。


2015年春に名古屋のアイドルグループ

<アイドル教室>を知って以来、彼女達の事をずっと応援している。


アイドルを好きになるきっかけは人それぞれだが、

僕の場合、アイドル教室に惹かれた理由は意外な所だった。


<ビジネス・モデル>です。


初めてパフォーマンスを見た時は、しばらく

興奮状態だった事を今でも覚えている。(変な意味ではないですよ)


地上・地方・地下・地底

と様々なアイドルが出てきている中でアイドル教室をピックアップして

書こうと思ったのは好きだからっていうのもありますが、彼女達の形というのは

これからのエンタメ界のスタンダードになるんじゃないのか?と思った為です。


芸能全般をエンターテイメントと呼ぶと思いますが、

この業界、今やとてつもない危機にさらされています。


その辺は、第一章で書いていきますが、ほんと、崖っぷちです。


ですが、そこに希望の光を差してくれたのが、アイドル教室。


今日から2週間、愛踊祭2016の投票最終日まで、

投票と合わせて見て頂けるなら、幸いです。


先にお断りしたいのが、これから書く事はあくまでの僕自身の考え

や実際に感じてきた事からの思いであるので、これが正解だとか、

間違いだとかっていうのではありません。


アイドル教室というグループがいかに凄いかを

伝えたいと思いますし、僕自身も書いていく中で

もっとアイドル教室の事を知っていきたいと思います。


一緒に<アイドル教室とは??>を探しに行きませんか??


〜予告〜

第一章<エンタメ界の崩壊と新しい可能性>

0コメント

  • 1000 / 1000