Dear SMAP to <Tsuyoshi Kusanagi>


12/26を持って、SMAP×SMAPが

最終回を迎えました。


思えば、物心ついた時からずっと観ていた番組

だったし、僕の世代は俗に言う<テレビっ子(死語っぽいですが>

なのでとても寂しかったです。


その事は大晦日にまた書くとして、

今日は草彅剛さんについて書きたいと思います。


草彅剛さんもう単刀直入に【天性の役者】で

詳しくはWikipediaを見て頂きたいですが、大御所の俳優さんから

脚本・演出家さんまで全ての方に大絶賛されています。

僕も彼のドラマはほとんど見てきました。

やはり「いいひと」のイメージが強いですが、僕個人は

「僕と彼女と彼女の生きる道」、「僕の生きる道」、「フードファイト」、

世にもSMAP特別編の「13番目の客」とか大好きです。


とにかくオールジャンルの役をこなせるので、どれを見ても凄く上手い。


数年前、三谷さん演出の香取君との舞台「burst!~危険なふたり」

は何をどうやってもチケットが取れず、行けなかったんですが、

生で彼の芝居を見たかったという気持ちは今でもあります。


アイドルというよりは、役者さんってイメージが強いので、

今後も映像作品や舞台など幅広く活躍していってくれると信じています。


後は、ジーンズ・マニア、タモリさんの家に毎年、正月に行く、

香取君と親友と交友関係の広さやその人柄の良さも素晴らしいですよね。


何と言うか、<お兄ちゃん的な存在>だなと。

人に優しく、自分に厳しい、人としての鏡の様な方だなと思います。


僕は野田秀樹さんのNODA MAPとかにも出て欲しいし、

また三谷さんの芝居にも出て欲しい。とにかく草彅さんの芝居は絶対生で観たいです!

いや、観ます!


「僕と彼女と彼女の生きる道」というドラマは僕にとっても大きい作品でした。


仕事第一である日、妻が出ていき、娘と2人で暮らしながら、その親子関係や

周りの人達との人間模様を描いている作品でしたが、凛ちゃん(娘)の家庭教師

役の小雪さんが言った台詞があります。


仕事第一だった彼がその銀行を辞め、バイト的な事を始めながらも、

<自分の選択はこれで正しかったのか??>と小雪さんに思いを打ち明ける

シーンです。


そこでの小雪さんの台詞。


「どの道を選んだのではなく、選んだ道でどう生きるか?が大切なんじゃないですか?」


少し違ってるかも知れませんが、

僕は今でもこの言葉に救われる時があります。


凄く大好きなドラマです。


SMAPのメンバーといる時と、タモリさんといる時の草彅さんは

本当に楽しそうで、しばらくはゆっくりして欲しいですが、また

来年も役者・草彅剛として、素晴らしい演技を見せて欲しいです。


草彅さん、素晴らしい芝居をありがとう。


★メンバーの担当カラーを載せています。ジャニーズ事務所様は

肖像権にとても厳しいので。ご了承下さい。

IDOL MODE〜アイドル・モード〜

アイドルはカッコイイ!!! を日々、発信中。

0コメント

  • 1000 / 1000