Dear SMAP to <Goro Inagaki>


SMAPの解散まで6日になりました。


本来なら、SMAPに関して、色々記事を書きたい所

でしたが、あまりに思いが強すぎるので、6日に分けて

それぞれのメンバーへの事、12/31にはSMAPへ向けての

感謝の思いを<出来る限り>ではありますが、毎日更新していきます。


本日は稲垣吾郎さん。


僕の中の吾郎さんのイメージと世の中の人の吾郎さんの

イメージは全く同じですw


ワインの人、歳を取ってる感じがしない(とても若い)、

物事を俯瞰で見れる、ミステリアス、面白い時は本当に面白いなどw


「ヨイショの男」というテレビドラマがありましたが、

あれは好きでした。あの辺りから、「この人、本当は面白いんじゃないか?」

という世の中の空気に見事、本人が答えて、<親しみやすい存在>

に近づいた気がします。


後、個人的には、「Mの悲劇」っていう主演ドラマで、長谷川京子さん

とかも出てたんだけど、当時、僕はハセキョーの大ファンで毎週必ず観てました。


新宿の某所が撮影場所に出てくるんですが、実はその超近辺で勤務

いていた事もあり、聖地巡礼ではないですが、ここに吾郎ちゃんやハセキョーが

いたのかと思いをはせていた時期もありました。


やっぱ役者としてのイメージが強いかな。


踊る大捜査線のスペシャル(かなり前)で立てこもる犯人役

もやっていたんですが、あの吾郎さんはクールで狂っていて

かなり好みでした。


稲垣吾郎はSMAPの中で特別な存在で

彼の立ち位置みたいのは、凄く重要な気がするんです。


家族で言う所の<お姉ちゃん>的部分というか。

言う時は言う、黙っている時は黙ってる。


彼がいる事でまとまっていた部分ってとても多いと思います。


学校とかでもこういうミステリアスな立ち位置の人はいるし、

僕もどちらかと言えば、そっち側でしたw


プライベートが完全に謎で交友関係も謎で絶対風呂上がりは

ワイン・レッドのバスローブ着るだろうなとか、良い香りの香水とか

使ってそうだなとか、凄くキャラが立っている方です。


個人的には、「青いイナズマ」の吾郎ちゃんパートはとても好きです。


あのミステリアスなキャラが作られたモノなのか、

本当に彼自身がああなのかは分からないですが、この先も

ずっと吾郎さんは吾郎さんらしくいて欲しいなと思います。


知識とかとてつもなく豊富そうだから、

ロフトプラスワンあたりでトークイベントとかやって欲しいけどなぁ。


吾郎さん、ありがとう。


★本来なら、メンバー画像を載せたいですが、肖像権にとても厳しい

ジャニーズ事務所様なので、メンバーカラーを合わせて載せたいと思います。

ご了承下さい。

0コメント

  • 1000 / 1000