脇田もなり<IN THE CITY>MVと衣装に関しての考察


いやー、先週、ex-especiaのメンバーでもあった

脇田もなりちゃんのインストア(もう少し前で観たかったが・・)

以来、ずっと【IN THE CITY】聴いてますが、僕の中でモナリ・ムーヴメント

が起こっております。


特にこのIN THE CITYのMVは最高としか言いようがない。

このレーベル、凄いセンスの持ち主がいますね。

基本は、渋谷の東口(新南口と言えばいいのか??)

の歩道橋あたり(死ぬ程通ってますが)この辺りは工事とか

してて、夜は幻想的というか、凄くシティ・ポップのイメージに合いますね。


お台場あたりや車内の映像も出てきますが、

とにかくシンプルでかつ、コンセプトがブレてなく、何度観てもお洒落だし、

何度観ても、もなりちゃんは可愛いし、今年のMVアワード

(俺の中ですが)ダントツで一位です。


このシンプル感が実は凄く今っぽい。

色々機材だとか、編集に関しては勿論使ってるけど、i phone7あたりの

ムービーでも撮れそうな雰囲気が凄くいい。


後は、衣装。

これは、今回のIN THE CITYのジャケ写にも言えるんですが、

これもシンプルだけど、厳選されてるんですよ。


一切の無駄がない。

何がやりたいのか、今後どう展開したいのかが、一発で分かる。


黒のトップスにデニムにベルトを見せてるあたりとか、

シルバーのイヤリングとか完璧だね。


もなりちゃん自身がスタイリングしてるのか、スタイリストさんが付いてるのかが

謎ですが(実はまだこの盤を持ってないのでクレジットの確認が出来てないのです、

必ず買います!)本当にセンスのいい人に恵まれてのソロデビューだと思う。


シンプル感ってIT系でもファッション系でも言えるけど、一番重要視されてますよね。

逆に無駄があるものって、消費者側からすると邪魔なだけだし、そもそも、

何がやりたいのかが分からない。


そういう意味では、他業種の方にも是非観て欲しいMVになってます。


しかし、彼女はソロで一気にあか抜けたね。


<<アイドル性を持った、もしくは元アイドルだったアーティスト>>

の時代がそこまで来ているのかもしれない。

0コメント

  • 1000 / 1000