アイドル教室とはベンチャー企業である!〜6章 カラフルな楽曲達〜


アイドル教室の楽曲は素晴らしい。

アイドルにあまり興味がない人も曲を聴けばそう言うだろう。


僕も当初から、楽曲の良さに驚いており、

このCD氷河期時代にアイドル教室のCDだけは何枚も購入している。


作詞・作曲をほぼ受け持っているのが、総合プロデューサーの梅村さん。

アレンジは何名かの方がやっている。


作詞・作曲がプロデューサーでアレンジャーが何人かいるという図の

一番の大物と言えば、つんくさんだろう。


アイドルのキャラ、方向性、企画モノからの流れ、時代などに

合わせてアレンジをしていくのはとても重要な作業である。


洋楽ロックの様なイントロが印象的な『負けるなドリーマー』

ギターサウンドと切ない歌詞が夏という季節に融合した王道ソング『僕は君に恋をした』

EDM系な打ち込みサウンド『Making Love』


アイドル教室の楽曲も実にカラフルなアレンジに彩られている。


詞と曲に関して考えてみたい。

メロディーのキャッチーな曲が本当に多いのも特徴である。


あと、僕個人で言えば、曲間のフレーズに

プロデューサーの梅村氏の才能をとても感じる。


例えば、この曲を聴いて欲しい。

<いただきマンモス ラッキーうー!そうさ みんなでノリノリ

いただきマンモス、ラッキーうー!いつか 夢が叶うまで>

というあたりは神がかっている。


『そうだ、これが、アイドルソングだ!』と思わせてくれる絶妙な感じである。


そして、メロディーと言えば、僕はこの曲を一推しに挙げている。

このサビは凄い。

何て良い曲なんだと悔しくなるくらい良い曲で驚いた。

ライブでも、盛り上がる1曲である。


他にも愛はメラメラや、メンバーソロの曲などにもついて語りたいが、

このブログでは過去にも何度か曲について語っていたり、ギターリフの印象的な

曲を取り上げていたりするので、是非、掘ってみて欲しい。


そういえば、メンバー自身が歌詞を書いているというスタイルにも

注目したい。


基本、アイドルソングは運営側が全部作って、アイドルが歌い踊るという形態が

多いが、アイドル教室は基本、ソロ曲はメンバー自身が詞を手がけている。


ここも凄く好きな所だ。


メンバーそれぞれのカラーが出て、曲自体にもバリエーションが出るし、

推しにそういう才能があるというのは、ファンにとっても嬉しい事なのである。


シンガーソングライターでもある梅村氏だからこその名曲達。

もっと多くの人に聴いて欲しいと願っている。


さて、7章では、メンバーに関して、そして、

姉妹ユニットに関して書いていきたい。

0コメント

  • 1000 / 1000